“kimama”日記~        西日本・瀬戸内から。     ’09.9.12 開設


by s-smooth
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:車・Car scope( 3 )

シトロエンC4


デビューから4年を経た仏車「シトロエンC4」 掲載車は最廉価グレード「1.6」だが、その実力はかなり!だという。

c0205874_12151369.jpg

c0205874_12174535.jpg

我が家には過去に仏車「ルノーサンク」が・・。シトロエンにも一度は乗ってみたかった~
そこでコンパクトでお洒落な「シトロエンC4」に注目し、敏腕ジャーナリストや記者たちに
よる試乗記を抜粋して掲載~。 (駆動方式はFF/1.6 リッター、価格は270万円から)



c0205874_12193471.jpg

『才色兼備なコンパクトカー』  評価点・・・・・★★★★★
マイナス点を探すこともなく、五つ星を連ねる実力車。 ともかく、C4 はいいクルマ!
業界屈指の個性派実用車を造っているシトロエンの手による先入観を抜きにしても、
日常生活で使う際の実用性能は高い。

シトロエンというブランドに期待される先進性やユニークさを考えれば、油圧サスペンション
が欲しい、4WD、はたまたハイブリッドがほしいといった要求は出てくるかもしれない。


c0205874_1221745.jpg

『ドライブフィール』運転は?、乗り心地+ハンドリングの評価点・・・・・★★★★★
車体はフラットな感覚を崩さず適当にフンワリ感もあって仏車らしい乗り味が楽しめる。

プロも絶賛!「いい車・シトロエンC4」。 (私、業界の回し者ではありません。。。)
[PR]
by s-smooth | 2010-01-23 12:59 | 車・Car scope

Audi・アウディ サービス



Audi のサービスに「上質なスポーツドライブに、3つの安心を」というプログラムがある


c0205874_2054831.jpg

アウディは二台目だが、そんなサービスがあるなんて気にもかけず関心も示さずの購入。

と言うのも・・、一応正規ディーラーで買い その後のメンテナンス・修理は、町の修理工場
に頼ってきた。(外車を得意とし、いい技術者がいる。従って我が家の車は全てこの工場)

納車は昨年の12月24日(来月のX'masイヴで満1年となる。)
ここで、「3つの安心」を確かめて、町の修理工場以外にも今後の頼み?にするかな~。



さて、「その1つ目の安心とは?」
c0205874_2202510.jpgフリーウェイプラン:3年間の メンテナンス が無料に。
 それは、指定交換部品・指定消耗品等の交換をいう
 無論、1年及び2年目の法定1年点検も無料となる。


次、「2つ目の安心とは?」
エマージェンシー アシスタンス24時間365日の安心
 それは、アクシデントに24時間365日、オペレーターが
 待機し、緊急コールに対応してくれる(宿泊手配も)

実は、ここでごく最近 私がこのサービスを利用した。
何かの誤操作かトラブル?で、キーを挿したまま
私は車外にいてロックされてしまった(汗)。
手元にスペアキーは持っていないっ! 万事休す!



c0205874_2222188.jpg アウディにコールすると、いとも自然にこのサービスが
あるからと私に告げ、すぐさまオペレーターに連絡をし
1時間20分程待ったが、作業開始10分で問題解決。

その技術者は県外から高速を使って来たそうで・・・、
試しに、費用はどの位??と尋ねると
¥22.000です、しかしAudi は無料ですよ。・・って?

凄いサービスプログラム、そうは言っても車輌価格に
含まれているシステム・・・、いい経験でした。




最後、「3つ目の安心とは?」
3年間の長期保証
 これは一般保証:新車登録から3年間(走行距離無制限)
 塗装保証、錆穴保証、純正部品の保証。 以上、緩んだ頭に叩き込んでおこうと思う。
[PR]
by s-smooth | 2009-11-22 16:18 | 車・Car scope
2009/9/15に幕を開けた、今年のフランクフルト国際モーターショー

欧米、そして日本のコンセプトカーやニューモデルが百花繚乱の会場から
私好みの「Audi」 その気になったモノ&コトをリポートから抜粋します。


c0205874_1249217.jpg

アウディは「異なるふたつの個性」、2台の魅力的スーパースポーツモデルを持ち込んだ。


その1台は、「Audi・R8スパイダー5.2FSIクワトロ」 《 ↑ 画像掲載》 ミドシップスポーツの
R8をベースとしたオープンモデルは、専用のエンジンカバー
により自慢の5.2L V10は外から眺めることができないものの、
525psの圧倒的な動力性能がV10の存在を雄弁に物語る。

お目見えする予定は、2010年前半のドイツ市場。価格は15万6400ユーロ
(約2100万円)凄いねぇ!! 日本への導入はいまのところ未定です。

次の1台は、「e-tron」。 フロント、リアにそれぞれに2個、あわせて4個の
モーターにより4輪を駆動する近未来のAudi・クワトロです。
最高出力は313ps。その実力を100%発揮することにより、
0-100km/hをわずか4.8秒で駆け抜ける・・・、真のスプリンター!!


いずれの2台も私の乗っているAudi とは、えらい違い?です~。(当たり前だネ)
[PR]
by s-smooth | 2009-10-03 13:21 | 車・Car scope